« 部誌7/1 | トップページ | 部誌7/8 »

2006.07.10

歯医者

hobosuke


Shop17_02

久しぶりに歯医者に行った。記憶にある最後の歯医者は銀行時代の検診だから・・・・ざっくり5年以上ぶりになる計算になる。5年ぶりの歯医者に行った感想は「進化したなぁ・・・」というもの。

まず・・・
1.何より椅子の座り心地が良くなった
2.麻酔注射が機械式になった(しかも痛くない)
3.椅子周りの機械がすごい(なんかサイバー)

そして何より・・・可愛い女性が多い。しかも何故か担当医まで女性。うーむ、トレビアン、ムッシュジダンザンネーン。昔むかしに矯正で5年近く歯医者に通ったことのある僕としては、今の歯医者の姿は昔の歯医者とはかなり違う。何より姿勢が変わった。昔は「少しくらい痛くても我慢!」だったのが、完全に「痛かったら麻酔!」に変わってる。そもそも痛かった麻酔注射まで痛くなくしてるのだから、医学の進歩はすごいものだ。とまぁ、前説はおいておいて・・・本題にはいると・・・

5年後のサウスプールはどうなっているのだろうか?
というのを歯医者でウィーン ウィーンやられながら考えた。今の歯医者からは・・・「患者が痛くないように」という明確なコンセプト、メッセージが伝わってくる。最近、サウスプールのチーム力の強化を!誰もが底に入れるKeep力の強化を!と・・・まぁ、いろいろ話は出てきているのですが、意識統一は出来ているのでしょうか?5年後もサウスプールは毎週フットサルをやる奇跡のチームでいられるのか?そもそも5年後にどこにいたいのか?どうなりたいのか?コンセプトはなんだ?僕がしきりにチームコンセンサス、コンセンサスとコンセンサス馬鹿になっているのには理由がある。チームとしての方向性、真剣度、意識の共有をしたいからだ。

はっきりいって、今日行った歯医者は素晴らしい。神経付近までめちゃ削られたのに、痛くなかったし、今も痛くない。なのに痛み止めまでくれた。女医さんもなかなか綺麗だった。女医さんの外見まではいかんともしがたいが、それ以外は皆の意識改革でやってきたのだろう・・・。監督中心でコンセプト、理念の修正を図ってみるのも時には必要なのでは?と歯医者さんを経て思う今日この頃。

ちなみに可愛い女の子がチームに数多くいて困る人はいないと思う。その意味で今日の歯医者は見ている方向がある意味同じであり、サウスプールとして是非とも見習うべきかもしれない。

7月 10, 2006 フットサル |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63192/11030531

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者 :

コメント

六本木キルビルズの歯医者は支払いがドル紙幣だと聞きましたが
ガバスでの支払いも出来ますか?
ちなみに美人女医の前で口を全開にするのはなんだか恥ずかしい

投稿: うま | 2006/07/11 12:33:25

その歯医者に僕も行きます!
おせ〜て。
もしかして六本木KILLSですか!?
高級歯医者じゃ行けないですけど…。

投稿: ENM | 2006/07/10 21:16:14

コメントを書く