« 部誌3/4 | トップページ | 部誌3/19 »

2006.03.15

部誌3/11

▼ 3/11(土)@二子玉/14:30-18:30 
▼ 天候/晴れ 
▼ 記入:
モリミチ
▼ 参加者:洋、きしの、アキラ、いちろ、峰、えんも、モリミチ、うち、
      アレ、ノガ、ぴら、カズマ、
スケ、ゆーま
▼ 内容:ゲーム形式/エストレラ→地獄の4対4

梅の香るハルウララ。。
チャダ派モリミチです。初部誌です。
入部して大会1、練習数回参加。一応サッカーは学生のときにやってましたが
ちゃんとしたフットサルは初めて。
なんでフットサルどうこうは言えませんが、フルコートとの共通点からすこし意見を。

と言うことでテーマ『4対2』。
アップがてらの4対2のボール回し。あれを意識を高めるとすごい練習になるはず。

回す側(攻)は
・パス(正確性、ダイレor2タッチ↑)
・受け手(第2、第3者)の動き、ポジショニング
・トラップのバリエーション(ピタorコロコロ)

奪う側(守)
・どこで奪うか(1発目or2発目)
・ポジショニング
・味方との連携

単に回す・奪うだけの中にも、ゲーム中の局面でイカせることがごろごろ。
きっとそれが走りっぱなしを楽にしていく一歩なのかも。
あえて飛ばさない、けど止まらない。ざ・大人サッカー。
これから気持ちよい季節になってくので今以上楽しんで行きましょっ!ではでは。

3月 15, 2006 サッカー |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63192/11030505

この記事へのトラックバック一覧です: 部誌3/11:

コメント

4対2のパスの出し方と
守り方にもやり方があるよね。
意外と何も話さないで4対2始まっちゃうけど、
今度一度みんなのやり方を再確認してみましょう。
守り方(奪う方)のほうで昔僕が習ったのは
守備の二人のうち、
アプローチしかけるのは基本ひとりで、
もう一人はやや斜め後ろから相方に
ボール保持者に対して
右からアプローチするのか、左からアプローチするのか
コーチングしてパスコースを絞り、
そして絞られたコースを見極め、
その瞬間コーチングしてた人が
後ろからボールを取りにいくというものでした。
ボールは円を時計周り、反時計周りのどちらにも
まわるので、守備の役割はボールの位置によって
瞬間的に交換します。そのときはひとりが
勝手に入れ替わるのではなくお互いにタイミングを
意識します。
ふたり同時に取りに行って門を通されるのが
一番最悪なので、片方が先にアプローチし、
もう一人は門を閉めつつ、確実に取れる瞬間に
ポジションを飛び出して取りにいくイメージです。

って長っ!
言葉で説明するのは難しいですね。
これじゃあまり良く解らないよね?

投稿: | 2006/03/17 12:09:43

モリミチくん早くチャダ派からは卒業して、
1人でも練習来れるようになって下さい。
そして君の経験値で皆を引っ張っていって下さい。

投稿: 4番 | 2006/03/17 11:07:09

コメントを書く