« 部誌 | トップページ | 新宿ってやっぱりすげ〜! »

2005.10.19

部誌

■10/15(土)天候/曇り@八幡山 13:00〜16:00
■記入:えの
■参加者:内田、コマ、チャダ、のだ、つよし、洋平、アキラ
 アレックス、榎本
■スーパービギナーズ大会
 →@結果

■前回金町からひと月振り、
 八幡山からは4ヶ月振りの久しぶりの大会。
 雨かと心配された天候も、やや暑いくらいの気候に。
 これは仙台からのケンタロウの追い風か!?
 
 なぜか八幡山という舞台に苦手意識を持つサウスプールだが、
 ウォーミングアップではテンションの上がったウチダ氏が、
 犬の鳴き声を出してボールをチェイシング。
 そのプレーに触発され、サウスプール、士気がガゼン上がる!
 
 そして臨んだ初戦、さて今回は...
 0-0のドロー。
 相手がそれほど強くないのを試合中に感じながらも、点を奪えず。
 いつも不完全燃焼で終わることの多い初戦。
 今回も最後に初戦を悔やむことになるのか?
 
 続く第2戦。
 迷子という自己ウォーミングアップを済ませた
 つよしが入ったこともあり善戦するも、
 たて続けにゴールを奪われややトーンダウン。
 1-3の敗北。
 すすんでキーパーに入った自分、(一見)とれそうな
 シュートを3本とも許す。みんなの「とれるでしょ。。」
 みたいな空気を感じてちぢこまる。
 しかし、つよし、のだっちのアテネ世代は随所に光るプレーを魅せ、
 2ヶ月振り参戦のアキラはブランクを感じさせない動きで
 黄金の1ゴールを奪った。
 いっぽう、ドーハ組ではコマ選手兼監督が、交代ルール違反で
 ワンプレーもせずイエローカードを貰うという、
 おいしい珍プレーを披露。監督、そりやないっしょ!
 また、(人の)ファインゴールに大きな喜びを見せた
 洋平のパフォーマンスはこの日一番の輝きだった。

 第3戦。
 2-1で勝利。
 またも、つよし、アキラが奮戦。
 つよしはミスで奪われた点を帳消しにするプレーで
 1点をもぎとり、アキラはピンポイントでフリーキックを沈める!
 チャダも雄叫びをあげながら、
 (印度仕込みの)刺激的なディフェンスを魅せる!
 チーム一丸となり、
 決勝トーナメントに向け臨みを繋いだ。

 第4戦。
 事前のスカウティングでやや相手が強いと見たサウスプールは、
 気を引き締めて試合に臨んだ。奮闘し、優勢といっていいほど
 ゴールに何度も近付いたが、結局ゴールを奪えず。
 お互いボールがゴールライン上をかすめるような、
 惜しい場面がありながらも最後は0-0。
 まだ、他のチームの結果次第では
 決勝トーナメントに残れる可能性もあり、
 他のチームの動向を一喜一憂しながら観戦。
 そんなに熱く見み守る力が残ってるくらいなら、
 自分たちの試合にもっとパワーを使えーー。。
 
 他力本願虚しくコマジャパンの航海は終わった。。。

 サウスプールは強い相手には奮闘することもあるけど、
 弱い相手にはどうしても相手に合わせてしまい、同レベルには
 競り負ける。また八幡山の大会は1試合あたり10分1本なので、
 とても交代のタイミングが難しい。タイミングと組み合わせで
 激しく総合力が変動してしまう。つい勝ち負けに夢中になるあまり、
 アレックスをまったくゲーム出せなかったのも、
 みんなで反省しなくちゃならないこと。
 もう一度みんなで大会について対策を考えようー。
 じゃ、また来週ー。
 

10月 19, 2005 フットサル |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63192/11030476

この記事へのトラックバック一覧です: 部誌:

コメント

コメントを書く